サイトマップ

女性の抜け毛はホルモンと関係している?

放置している女性の抜け毛はホルモンと関係している?

いままで女性は男性ほど薄毛にならないと思っていました。ところが、実際、私が40代になってから、どうも抜け毛が多くなってきたんです。

 

抜け毛は気になっていたんですが、きっとストレスのせいだろうとあまり気にせずに放置していました。そういう感じで、美容院でセットしてもらった時に少し違和感を感じたんです。

 

どうも頭頂部のつむじあたりが薄くなっているような気がするんです。女性はハゲにはならないと思っていたのですが、これはもしかしてまさか自分がハゲになってしまうのではないかと危機感を持ちました。いったいこれはどうしたことなのでしょうか。

 

このまま薄毛になってしまうのでしょうか。どうもこれには女性ホルモンと抜け毛が密接に関連しているようです。それはいったいどうしてなのか調べてみたところ、いままで知らなかったことがわかりました。

女性の抜け毛は40代から多くなる

女性の抜け毛は40代から多くなる日記とブログ

それは、40代以降になると女性ホルモンが減ってしまうことはわかるのですが、なんと男性ホルモンが相対的に多くなってしまうのだといいます。

 

でも男性ホルモン(テストステロン)によって薄毛になるなんて、初めて知ったことなのでビックリしてしまいました。

 

女性の体にも男性ホルモンが存在するそうですが、20代のころには男性の5%程度と本当に少ない割合があるくらいです。それで、若い頃は抜け毛なんていうものには悩まされずに済むんですね。それが、40代前後から、女性ホルモンが分泌されづらくなり状況は変わってしまうんです。

 

女性ホルモンが少なくなることで、相対的に男性ホルモンが多くなってしまうんです。それで、今までとは違うヘアサイクルになってしまうのだといいます。髪の毛が細くなったり抜け毛が多くなるのはこのためなんです。

 

その上、年齢を重ねることで頭皮も堅くなり、血流が低下してしまって毛母細胞まで栄養が行き届かなくなるというんです。それで、ちゃんと髪の毛を作りだすことができなくなってしまうんだそうです。抜け毛や薄毛の原因はさまざまですが、女性に見られる抜け毛や薄毛の原因は主に上記のようなことだといいます。

 

原因がハッキリしていれば、その原因に対して対処すれば薄毛の進行を遅らせ髪を増やすこともできます。育毛剤などもかなり効果的だといいます。女性ホルモンを増やす食事を心がけたり、頭皮の血行をよくするマッサージなども効果的です。

 

このまま薄毛にはなりたくないですから、できることはすべてやってみようと思います。

▲上へ戻る