サイトマップ

女性の抜け毛と関係するホルモンの役割

女性の抜け毛と関係するホルモンの役割

女性の場合、女性ホルモンが抜け毛には深い関係があるとされています。

 

噂では色々な抜け毛の情報が飛び交うけど、やはり男性と女性の脱毛は違う面が大きく、噂ではなく女性の抜け毛はホルモンバランスに関係していいることが関係しています。

 

ここでは女性ホルモンと抜け毛の関係について、たっぷり書いていきましょう。女性ホルモンと言っても大きく分けると2つのホルモンがあります。

 

1つは、卵胞ホルモンであるエストロゲンです。エストロゲンは、女性の性活動や二次性徴を促進する役割を持っています。月経が終わる頃から排卵日の直前まで多く分泌されることになります。

 

毛髪の成長や発達を促すと言う役割もあります。もう1つのホルモンは、黄体ホルモンであるプロゲステロンです。プロゲステロンとは、妊娠に関するホルモンであると言っても良いでしょう。

 

妊娠に適した基礎体温を維持する役割や、妊娠を維持、継続していく役割を持っています。また、毛髪の成長期を延伸するといった効果もあります。

 

通常ですと、このエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが2週間周期で互いに優位になってバランスを保っています。ホルモンバランスが崩れるとストレスなども重なりやすく心身安定しなくなりやすいので、抜け毛という点で少し違いますがトリコチロマニーの原因につながりやすいのでホルモンバランスを安定させるようにしましょう。

 

育毛トニックと育毛剤の違いなど細かく分かれたりしていますが、全体的に育毛全体の製品では、男女兼用の育毛剤でも刺激がすくなってきているので女性でも安心して使用することができます。

▲上へ戻る