サイトマップ

ミノキシジルの外用薬を使うと良い?

ミノキシジル

内服薬というとどうしても抵抗があったりします。

 

外用薬などの湿布タイプなのであれば、主に湿布した部分に副作用的なものが見られます。

 

内服薬というとどうしても全身に作用するので、副作用が肝機能とかに関わるから、どうしてもためらいが生じやすいです。

 

一方湿布タイプは外見上に留まる事もありえるので、まだ抵抗なしに見えます。

 

主に発毛剤のパッケージデザインや臭いがあるというデメリットもあります。

 

外用薬

外用薬でも外側のかぶれという安易に程度が軽いと自己判断してしまうのも危険ですが、やはり内服薬を毎日使用していくといいうのは何かと怖いものです。

 

またフィナステリドなどの内服薬は初期脱毛があるので、途中でやめるとまた最初から治療が始まり初期脱毛を繰り返す羽目になるので、面倒ですよね。

 

一方ミノキシジル配合の育毛剤は湿布するだけなので、面倒と思う方もいるかもしれませんが、できれば外用薬だけで維持回復というのを考えている方も多いでしょう。

 

ミノキシジルの主な効果として発毛促進です。しかし発毛促進でも頭のてっぺん付近の発毛を促しやすいのですが、生え際などには効果が弱いと言われています。

 

主に発毛を促進するという点で産毛を強烈に生産し、産毛を太く成長させる力が強いというのがあります。

 

産毛は生えてもそのまま成長しなければ薄毛の解消にはつながりません。成長期が長く続きやすいというのもポイントでしょう。

 

内服薬にフィナステリドと住み分けされやすい部分もありますが、結構抜け毛予防にも活用出来たりします。

 

しかし単体で活用するよりは内服薬などを使用したほうが薄毛治療の期間や効果の出方には違いが出てくると思います。