サイトマップ

体温の調節も行う肝臓

体温

生きてくうえで大切なのが体温です。

 

内臓の中でも1100g〜1500gと一番大きい上4/1ほどの大きさになっても自ら再生(元の大きさ)に戻ります。それだけ重要な器官なだけに、血液量も非常に多く、ホルモンやビタミンの代謝にも関わっているため、多くの熱量を発しているのが肝臓です。

 

人間の体の中でも肝臓が、一番よく働きます。熱量を多く発するので、多くのエネルギーも消費します。

 

40℃以上の温度がある肝臓では体温の維持に大きく役立っています。それだけ熱量も多く発っして働くので休めてあげるのが大切な臓器でもあるのです。ビタミンでも脂溶性ビタミンの貯蔵する働きがあります。

 

また水溶性ビタミンでもあるビタミンCやビタミンB群などの水溶性ビタミンを肝臓から各体のパーツに運ばれていきます。主に3大栄養素の働きをサポートする働きとして放出していきます。

 

快適に生活していくうえで肝臓はもちらん大切ですが、生きていく上でも肝臓は非常に大切です。より肝臓を労わろうと思ってくだされば幸いです。