内臓の中で一番大きな肝臓の主な役割と働きの情報ページ

MENU
サイトマップ | 内臓の中で一番大きな肝臓の主な役割と働き

内臓の中で一番大きな肝臓の主な役割と働き

肝臓

二日酔いなどアルコールなどを分解しきれないアセトアルデヒドの分解など肝臓の働きによって個人差がありますが、主に肝臓はどのような臓器なのでしょうか?

まず内臓の中でも大きな臓器で、門脈というところから全身の静脈が集まって肝臓に一回集まってきます。

 

駅でいうとターミナルのような感じです。ですので、血液のタンクと呼ばれている様に非常に血液量が豊富な臓器です。

 

冠動脈や肝静脈など血液量も非常に多いことで知られていて各消化器官と血管で繋がっています。

 

内臓の中でもターミナル駅のような拠点の役割がある肝臓は生きる上でも重要な働きをしています。体を動かす際など代謝されますが、代謝に必要なグリコーゲンなどを貯蓄してたり放出したりしています。

 

主にエネルギーをためておくことができます。例として、脳にストレスを感じたりする場合には肝臓からブドウ糖を多く排出したりするような役割があります。

 

口から摂取した栄養を各機関にうまく使える様にする役割があります。

 

アミノ酸や脂肪など胃腸で一度分解して吸収したのを体のパーツに必要に応じて作り変える役割があります。簡単にすると腸で吸収したアミノ酸を体の各部分に放出する。

内臓の中で一番大きな肝臓の主な役割と働き 関連記事

 

アスリート家族ではミルク牡蠣サプリメント以外にもユニークで高品質なサプリメントが目白押しです。同じミルク牡蠣サプリメントでもしじみ重視と呼ばれるお酒をよく飲まれ...


 
 

生きてくうえで大切なのが体温です。内臓の中でも1100g〜1500gと一番大きい上4/1ほどの大きさになっても自ら再生(元の大きさ)に戻ります。それだけ重要な器官なだけに、血液量も非常...


 
 

肝臓で作られる胆汁には胆汁酸が多く含まれています。胆汁酸には、コレステロールの消化吸収に大きな関わり合いがあり、脂肪肝になる前や脂肪肝後では胆汁酸の分泌量低下などによって消化吸収の変化...


 

▲内臓の中で一番大きな肝臓の主な役割と働き 上へ戻る



内臓の中で一番大きな肝臓の主な役割と働き ページの先頭に戻る