サイトマップ

内臓系の脂肪燃焼していこう

内臓系

ダイエットでも皮下脂肪を減らす場合と内臓脂肪を減らすとでは大きな違いがあります。

 

また血中濃度の中性脂肪が高い場合には、体重増加がみられない場合もあります。そのため中性脂肪の値を減らすための運動方法と中性脂肪の値は高いけど体重も多い場合には方法がやはり異なります。

 

メタボな場合には、筋力トレーニングを継続しながら行っていくことは大事です。

 

しかし筋力トレーニングをある程度こなしていくと腰痛などがみられるケースも多い場合もあります。また中性脂肪値が血中で高い場合には、簡単に言うと血液中の粘度が高いという表記に置き換えると、運動を行うことで水蒸気(汗)となって出ていきますが、血液の水分量が少なくなるため、運動中のリスクが上がりやすいです。

 

そのためウォーキングとかでもこまめに水分補給をしていきながら血液中の水分量を下げないようにしていきましょう。また食事などの情報なども公開しています。DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸やアミノ酸の情報など肝臓のケアに欠かせない成分情報なども交えて公開しています。