フィナステリドが含まれている内服薬の情報ページ

MENU
サイトマップ | フィナステリドが含まれている内服薬

フィナステリドが含まれている内服薬

フィナステリド

フィナステリドが含まれている内服薬は薄毛治療に良く使用されています。

 

薄毛においてはテストステロンと呼ばれている男性ホルモンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素によってジヒドロテストステロンに変化すると呼ばれています。

 

簡単に言うと酵素がなければテストステロンがジヒドロテストステロンに変化しないことになります。

 

ジヒドロテストステロンが毛包をミニチュア化してしまうので、髪の成長期が極端に短くなります。成長期が短くなることで抜け毛が多くなったり、産毛が生えてきても成長しなかったりすることで薄毛になっていくようです。

 

内服薬

このフィナステリドは5αリダクターゼという酵素を発生させないようにするための薬です。

 

そのため発毛を促すというよりは毛包を守ってミニチュア化を防ぐという面で抜け毛予防や薄毛予防に繋がります。

 

また5αリダクターゼには、1型と2型が存在します。フィナステリドは主に2型に作用すると言われています。

 

1型に効果が出るのがフィナステリドよりも後に医薬品として認定されたデュタステリドと呼ばれる成分です。

 

こちらは1型と2型の両方に作用すると言われています。このように内服薬では男性のみに使用でき女性には使用する事が出来ません。

 

また副作用として挙げられるのは肝機能障害などもあります。性欲減退や記憶力低下、むくみなど主に男性の機能に関する副作用が良く上げられます。

 

医療という点で定期的に血液検査が行われるという点を考えると大なり小なり副作用が存在するというのがあげられます。全く何もないというのはほとんどいないかもしれません。

 

またフィナステリドなどは初期脱毛が多くみられます。

 

今まで以上に抜け毛や薄毛が進行してしまったなど髪のサイクルが切り替わるので、かなり抜け毛量が一定期間増える場合もあります。

 

しかし急速に髪が増えるというのが薄毛治療では多いので、気長に続けていくのが良いでしょう。

 

フィナステリドが含まれている内服薬 関連記事

 
 
 
 
 

アスリート家族ではミルク牡蠣サプリメント以外にもユニークで高品質なサプリメントが目白押しです。同じミルク牡蠣サプリメントでもしじみ重視と呼ばれるお酒をよく飲まれ...


 
 
 
 

生きてくうえで大切なのが体温です。内臓の中でも1100g〜1500gと一番大きい上4/1ほどの大きさになっても自ら再生(元の大きさ)に戻ります。それだけ重要な器官なだけに、血液量も非常...


 
 

肝臓で作られる胆汁には胆汁酸が多く含まれています。胆汁酸には、コレステロールの消化吸収に大きな関わり合いがあり、脂肪肝になる前や脂肪肝後では胆汁酸の分泌量低下などによって消化吸収の変化...


 

▲フィナステリドが含まれている内服薬 上へ戻る



フィナステリドが含まれている内服薬 ページの先頭に戻る