無添加で良いシャンプーはどういうの?の情報ページ

MENU
サイトマップ | 無添加で良いシャンプーはどういうの?

無添加が気になった場合に良いシャンプー

無添加

無添加で良いシャンプーは結構東急ハンズとかでも売れているシャンプーが比較的自然派で良いと言われています。

 

私が好きななのはうるおってですが、uruotteはしっとり系で凄くマイルドなので飽きやすいと言う所が私には合って夏とか違うシャンプーを使用する事も多いですが、前からベースとして使用しているシャンプーです。

 

やはり無添加なので髪がきしむかと言えばキシミにくいので気に入っていますが、前に使用したシャンプーでは髪がきしんでしまった事があります。

 

やはりしっとり系はシャンプー中から感じる事も多いのですが、キシまなそうだな?という感じがやはりあるのですすぎの際はぬめりやすいので、いつまですすげば良いのだろう?っとなりやすいですが、慣れるといい感じですね。

 

無添加シャンプーではやはりアミノ酸系の方がシャンプーとしては良い感じがしますが、石鹸系も嫌いではないし、シリコンも嫌いではないんでノンシリコンの無添加シャンプーと使い分けて使用して行きたいと思います。

 

無添加が気になった場合に良いシャンプーというと無添加では石鹸シャンプーやアミノ酸系シャンプーなど種類も違うので、好みの使用感で無添加のシャンプーを選ぶと良いかもしれません。

無添加で良いシャンプーはどういうの? 関連記事

 

アスリート家族ではミルク牡蠣サプリメント以外にもユニークで高品質なサプリメントが目白押しです。同じミルク牡蠣サプリメントでもしじみ重視と呼ばれるお酒をよく飲まれ...


 
 

生きてくうえで大切なのが体温です。内臓の中でも1100g〜1500gと一番大きい上4/1ほどの大きさになっても自ら再生(元の大きさ)に戻ります。それだけ重要な器官なだけに、血液量も非常...


 
 

肝臓で作られる胆汁には胆汁酸が多く含まれています。胆汁酸には、コレステロールの消化吸収に大きな関わり合いがあり、脂肪肝になる前や脂肪肝後では胆汁酸の分泌量低下などによって消化吸収の変化...


 

▲無添加で良いシャンプーはどういうの? 上へ戻る



無添加で良いシャンプーはどういうの? ページの先頭に戻る