アルコールの摂取量が多いと抜け毛に繋がりやすい?の情報ページ

MENU
サイトマップ | アルコールの摂取量が多いと抜け毛に繋がりやすい?

アルコールの摂取量が多いと抜け毛が増える?

アルコール

アルコールの摂取量が多いと抜け毛が増えるのでしょうか?

 

アルコールを浴びるように飲んでも薄毛などに繋がらない方がいます。

 

ですので、抜け毛が多くなりやすく薄毛のリスクが高い方はアルコールなどを控えるというのが良いかもしれません。

 

アルコール自体はアミノ酸を多く消費してしまい水分がなくなりやすいと言われています。

 

髪や頭皮など元々アミノ酸が合成しいて作られたタンパク質で合成されています。

 

そのためアルコールの分解などのためにアミノ酸を多く消費してしまうと髪や頭皮の栄養の元がなくなるので、代謝が悪くなりがちです。

 

また水分を消費してしまうと皮膚が固くなりやすいので頭皮が硬くなりやすくなります。

 

そのため髪の元気がなくなりやすいという事に繋がるかもしれませんね。

 

なので、アルコールを多く摂取するのが日常的な場合には、抜け毛が気にならなくても髪にコシがなくなったりすることもあるかもしれません。

 

アルコールを多く摂取して逆に髪の毛が太くなったというのは、ほとんど聞きません。

 

またどんなに健康的な生活を送ることが育毛に良いと言われていても健康的な生活を送ることがストレスの場合には、あまり育毛の効果が期待できないでしょう。

 

やはりアルコールを多く飲むのは抜け毛以外のリスクもあるので、アルコール以外で楽しめることを増やすのが良いかもしれません。

 

 

アルコールの摂取量が多いと抜け毛に繋がりやすい? 関連記事

 

テレビでも今では熊本地震が活断層型地震として注目を浴びていますが、やはり私は関東に住んでいるため東日本大震災の後に来そうな地震として東海地震と首都圏直下型地震やまた過去にあった地震でも起きるかどうかわからないような地震など...


 

▲アルコールの摂取量が多いと抜け毛に繋がりやすい? 上へ戻る


アルコールの摂取量が多いと抜け毛に繋がりやすい? ページの先頭に戻る